A.

自分でメンテナンスできる素材を使うことで後々の費用を抑えることができます。
例をいくつか挙げますと、フローリングの場合、一般的には合板フローリングは痛んだら取り替えとなり、リフォーム会社などに依頼して工事します。
無垢のフローリングの場合、表面をサンダーで薄く削り塗装すれば元に戻ります。
電動サンダーや塗料(無垢用)はホームセンターやインターネットでも購入できます。

壁はビニールクロスだと後々張り替えが必要ですが、自分でメンテナンス可能な漆喰を使うと汚れも消すこともできますし、クラックも埋めることができます。
紙クロスを貼って塗装する方法もあります。この場合ですと汚れたら塗装するだけでOKなので自分でできます。

外壁はサイディングですと25年近く塗り替えが不要な商品も出ています。
塗装スパンが一回分長くなるのでかなりお得です。

屋根は瓦を使うことでメンテナンス費用を抑えることができます。
瓦→板金→スレート の順にメンテナンス費用が掛かります。

窓は樹脂サッシを使ったりして断熱性能を上げると、結露しにくくなりカビ汚れや木部の劣化を抑えられます。

ただ、これらの素材を新築やリフォームで使うとどうしても価格は上がります。
長い目で見ると得なのですが、最初にその金額を出せるかどうかが問題になってきます。
良い物はどうしても最初の値段が上がってしまいます。