A.

メリットは、

  1. 構造計算が必須(木造2階建ての新築だと構造計算は不要ですが長期優良住宅だと必須になります)
  2. 税金が安くなる
  3. 住宅ローンの金利優遇が受けられる(フラット35の場合)
  4. 補助金がもらえる場合がある
  5. 一定の品質を確保している住宅であることの証明ができる

デメリットは、

  1. 構造計算や長期優良住宅の認定を取得するための費用が必要
  2. 工期が長くなる(認定を取得するために1ヶ月程必要)
  3. メンテナンス性を確保するために間取りや仕様に制限が必要な場合がある

メリットとデメリットを踏まえた上で、弊社では長期優良住宅の認定を取得することをおすすめしております。