A.

相続された土地が市街化調整区域の場合、最終判断は行政の担当部署の会議で決まります。
土地ごとに許可条件が異なりますので、早く許可が下りる場合もあれば、行政書士に業務を依頼して建築許可まで数年かかることもあります。