梅村工務店は長期優良住宅認定を推奨しています

断熱性は素材 気密性は職人の技術と言われます

長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅

長期優良住宅の認定基準の中のひとつ省エネルギー性について、高気密断熱住宅を扱うU-TASTEが考える高気密の定義はC値(相当隙間面積) 1.0以下
UA値(外皮平均熱貫流率=家全体の断熱性能)は豊田市の地域スペックよりも高い、東北地域のレベル2~3で施工しています。

断熱性は、断熱素材の品質によって性能が変わりますが、気密性は職人の技術によるところが大きいと言われています。
その技術の高さが誇れるのも、創業時の代表が大工の棟梁という技術職人だった梅村工務店だからと言えます。

よくあるご質問「長期優良住宅ってなんですか?」を見る

省エネ基準より厳しいZEH基準

「快適な室内環境」と、「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅


現在国が掲げている目標「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEHを実現すること」に対し、梅村工務店では平成28年度ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業ZEHビルダー登録をしました。


ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)今後の普及率目標


U-TASTE(梅村工務店)のZEHに対する取り組みについて

平成28年度目標  ZEH受託率 5% Nearly ZEH 受託率 0% ZEHシリーズ受託率合計 5%
平成29年度目標  ZEH受託率 10% Nearly ZEH 受託率 5% ZEHシリーズ受託率合計 15%
平成30年度目標  ZEH受託率 20% Nearly ZEH 受託率 10% ZEHシリーズ受託率合計 30%
平成31年度目標  ZEH受託率 30% Nearly ZEH 受託率 10% ZEHシリーズ受託率合計 40%
平成32年度目標  ZEH受託率 40% Nearly ZEH 受託率 10% ZEHシリーズ受託率合計 50%

 

関連リンク