タイヤと断熱材?
何の話?って感じですよね。

私のダンナさんは車の修理のお仕事をしています。
仕事柄いろんな車の運転をするのですが、
先日タイヤの種類と走行中の音について話をしていました。

ダンナさんが言うには、値段の安いタイヤを付けている車を運転するとうるさくて、
高いタイヤは静かなんだそうです。
しかし私はその話を聞いてもまったくピンときませんでした。

でも普段からいろんな車に乗ってその差が体感できるダンナさんは、
値段の高いタイヤは高いなりの理由があって、
当たり前だけどやっぱり高いタイヤの車は運転しやすいんだって言います。

それを聞いても比較や体感してないので私にはその価値観が分かりませんでしたが、
その時ふと思ったのは、以前監督と断熱材の話をした事を思い出したんです。



監督は
『断熱材はやっぱりセルロースファイバー(新聞紙が原料の断熱材)がいいよ、
色々いいところがあるけど防音効果があるから家の中が静かだよ』
っと言います。

実際セルロースファイバーは色々な付加価値のあるいい商品なので私達もおすすめなのですが、
とってもいいものなので値段も他と比べると高いんですが、体感して比較するとその価値に気づきます。

タイヤも断熱材も説明だけでなく体感して初めて分かる価値もあるので、
家づくりもいろんな事を体感するってとっても大切なんだなって改めて思いました。

断熱材以外にも実際のモノを見ていただいたり体感してもらわないと、
わからないものがとってもたくさんあります。
特に完成後には隠れて見えなくなるものも多いのですが、
目で見えなくても体感していただくことが出来るモノもあります。

これから家づくりを考えている方はモデルルームとか完成見学会とかにも行くと思うのですが、
その時はぜひ五感を使っていろんな事を感じてほしいなって思います。