我が家の息子は現在5歳の年中さんです。
今年のお正月休み中、何気なくSNSを見ているとランドセルのカタログ請求の広告が流れてきました。

もうそんな時期??と思いながらも、
以前たまたま通りかかったショッピングモールの鞄屋さんに展示してあった
ヌメ革ランドセルがずっと気になっていたので色々調べてみました。

ネット上ではヌメ革はお手入れ大変だから絶対やめたほうがいい!って意見もたくさんありました。
私も最初はお手入れ大変だしな・・・っと諦めていたのですが、
使っている人の意見にすごくステキな言葉があり、
やっぱりこれにしよう!って思いました。

『お手入れはもちろん大変。最初はパパがお手入れをしていましたが、今はパパと子供が一緒にお手入れをしています。
ランドセルを通して物を大切に扱う事を覚えて欲しい。』

そしてこれを見た時、私たちが家づくりについてお客さんに伝えたい事と同じだなっと思いました。
それは、
“自分たちでメンテナンスのできる素材を使って、お手入れしながらお家に愛着を持ってほしい”
って事です。

メンテナンスを通してモノを大切にする事をお子さん達にも伝えて欲しい。
私たちがつくるお家で育つお子さんがモノや人を大切に出来て、
結果、人から愛される子になってくれたら嬉しいなとお伝えしています。


お客さんにはお家を通してとお話ししてますが、
我が子にもランドセルを通してモノを大切にする事、良いモノを長く愛着を持って使う事を
覚えて欲しいなっと思いました。

まだ小学校入学まで1年以上ありますが、あと2、3ヶ月後には予約が始まります。
ランドセル選びも家づくりの素材選びも考え方は色々あると思いますが、
そのモノを通して子供にどんな成長をしてほしいかを考えて選ぶのも悪くないなっと思いました。